オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
犬女性の生理が終わる前に、女性ホルモンの影響により心身共に不調が起こることを、更年期障害と言います。これは人によって個人差はあるものの、ひどい人は更年期鬱と呼ばれる鬱病まで併発することもあります。症状としては、イライラや不眠、倦怠感、のぼせやほてり、頭痛や吐き気やめまいなどが挙げられ、そのほかにも、やる気がなくなったり、性欲が低下したり、肌の乾燥など、いろいろな部分に症状が表れます。閉経前は生理の周期も乱れたり、生理の量が非常に多くなったりあるいは少なくなったりすることもあります。また、女性だけでなく男性にも更年期の症状が表れる人がいます。これも同じく、不眠や倦怠感などのほかに、性欲低下や勃起障害などが著しく表れることがあります。こうした更年期障害は、毎日の生活に支障をきたすことも多いです。不眠が続くと集中力も途切れて仕事などにも影響しますし、免疫力も低下してしまいます。あまりにも不眠や倦怠感が続く場合には、鬱病を併発している場合もあるので、医療機関を受診することが望ましいでしょう。更年期... Read More »
目を隠す更年期障害というのは、50歳前後の女性がホルモンバランスの変化によって起こる障害です。自律神経失調症などの身体的なものから、ヒステリーなどの精神的なものまで様々な障害が出てきます。その中でも大きな障害となるのが不眠です。眠れないということは、人間における生理的欲求を満たせないということであり、非常に生活に支障が起こります。不眠であるということは、常に眠気と戦わなくてはいけないということであり、常に眠れないという恐怖と戦わなければいけないということです。不眠というものがあるだけで、生活へのうるおいというものが一気になくなってしまいます。更年期障害による不眠は大きいです。更年期障害のもう一つの症状として倦怠感が挙げられます。倦怠感があって、常にだるいという人は、更年期障害なのかもしれず、倦怠感を拭い去る方法としては、ホルモン治療や漢方による治療が挙げられます。倦怠感があることによって生活に支障が出てきますし、倦怠感があることによって今まで楽しいと思ってやってきたことが楽しくなくなるといったよ... Read More »
めがね更年期障害とは、40代後半から50代後半の更年期にかけて閉経の時期を迎え卵巣の機能が低下してエストロゲンというホルモンが低下することで現れる身体的・精神的な違和感や各種症状のことです。更年期障害の症状は、ヒステリーや情緒不安定になったり、イライラ、抑うつ状態など精神的な症状や、疲労感、頭痛、肩こり、腰痛、冷え、不眠、頻脈、動悸、疲労感、倦怠感などが挙げられます。更年期障害の原因でもある内分泌系である卵巣機能に異常がみられると自律神経系にも異常がみられるようになります。そのため、更年期障害は内分泌・自律神経系の適応障害に基づく症候群といわれており、不眠や倦怠感など様に自律神経失調症にも見られる症状が更年期障害でも多くみられます。更年期障害の治療法としては、主にホルモン療法・薬物療法・心理療法の3つがあります。まずホルモン療法は、ホルモン補充療法ともいわれ不足してしまったエストロゲンをホルモン剤などを使用して補充する方法です。主に倦怠感、不眠といった自律神経系の症状やのぼせ・ほてりが改善され... Read More »